フリーウェアのWinTopoをお探しですね。

広告

WinTopoの使い方

↓参考リンクです。

●Wintopoの使い方
http://yakushima-tonbo.com/jw_cad/wintopo/wintopo.htm

●ラスターベクター変換ソフトの \”WINTOPO\” – 雑記帳
https://blog.goo.ne.jp/debugroom/e/e4a8e3204bf0f4e6d42f48695d7e2217

ラスターベクター変換のソフト

↓参考リンクです。

●ScanBmp MonkeyIIの詳細情報 : Vector ソフトを探す!
https://www.vector.co.jp/soft/win95/art/se089461.html

●Have Inkscape Trace It – YouTube
https://www.youtube.com/watch?v=rzmdqwFpxp8

●ラスター ベクトル変換 DXFコンバータ NDDスキャンコンバータ レガシイデータ 手書き図面 マイクロフイルム DXF変換 コンター図 地図
http://www.nippondd.com/scan.htm

●ラスター・ベクター変換 モンキー(MonkeyⅡ)(建築資料館)
http://www.ath-j.com/monkey/

●ベクター : 「ラスターベクター変換ソフト」の検索結果
https://search.vector.co.jp/vsearch/vsearch.php?key=%E3%83%A9%E3%82%B9%E3%82%BF%E3%83%BC%E3%83%99%E3%82%AF%E3%82%BF%E3%83%BC%E5%A4%89%E6%8F%9B%E3%82%BD%E3%83%95%E3%83%88

●ベクター : 「ラスターベクター変換」の検索結果
http://search.vector.co.jp/vsearch/vsearch.php?key=%A5%E9%A5%B9%A5%BF%A1%BC%A5%D9%A5%AF%A5%BF%A1%BC%CA%D1%B4%B9&kanji=euc

●ラスターベクター変換ソフト(フリー)を使ってモノづくり: イメージスキャナ開発室
http://imeasure.cocolog-nifty.com/blog/2016/11/post-38ee.html

●画像データを劣化させず編集可能!オススメのベクター変換ツール7選|ferret
https://ferret-plus.com/5111

●イラストレーター系のフリーソフト – 画像編集おすすめ情報
https://www.gazo-soft.com/illustrator.html

●ラスター・ベクター変換
http://www.taguchigumi.co.jp/it/RToB.html

●技術の森 – ラスターベクター変換ソフト
https://mori.nc-net.or.jp/qa9472871.html

●ScanBmpMonkeyⅡ – jw_cad SketchUp InkScape Gimpの講習 横浜CAD設計です オンラインレッスン、フリーソフトでコスト削減業務を提案します
https://www.yokohama-cad.co.jp/index.php?ScanBmpMonkey%E2%85%A1

過度の期待は禁物

ラスターベクター変換を自動で行いたいというニーズは、CADを扱う人には有る事でしょう。

現状PCで行う事のできる事は、プログラムに打ち込んだ事のみです。

AIであっても、途中で数学的計算を行い、開発者でも内部で何を行っているかわからない計算を行っているだけです。

人がトレースすれば、文字か線かノイズがかかっていても判別できる場合は多いでしょう。

多分今後のラスタベクタ変換はAIが行うように

AIの画像認識は従来のプログラムを行ったシステムより高精度でできる所まできました。

ラスタベクタ変換も機械学習で大量のデータを流して試行錯誤すれば、特定の用途に限り人の仕事を上回るようになるかもしれません。

使い物になるかは実験して検討

パソコンのソフトは使ってみない事にはどれぐらい使えるかわからない場合も多いです。

使ってみる事で用途が見えてくる事もあります。

職場がフリーソフト禁止では使わない

私も多くの職場を渡り歩いてきましたが、フリーソフトの扱いは会社によって様々です。

禁止の所も自由に使える所もありました。

禁止の所では使わないようにしましょう。

必要になった時はシステム管理の係の人に相談しましょう。

決してこっそり使うというのは避けましょう。

人が行う仕事の方が質の高い事に気づく

システムが優秀になっても、おそらく人が見れば駄目出しができるケースが多いでしょう。

AIを道具として使い、人がより質の高い仕事を楽にできる、そんなレベルで留まって欲しいです。

何もかも機械が行い、機械に毎日使われるそんな世の中にはなって欲しくないものです。

枚数が少なければ人力の方がきれいに速く仕上がる事も

図面の枚数が少ないのであれば、人がトレースした方が速くきれいな図面に仕上がる場合も多いでしょう。

時短のためにも有効に使いたい

フリーソフトはおそらく自分で作ろうとすると途方もない時間がかかる場合が大半です。

作るより早く仕事が片付くと思うので有効に使わせてもらいましょう。

そして作者への感謝の気持ちは忘れないようにしたいです。

広告