Tfasの補助線についてお探しですね。

広告

Tfasの補助線について

↓参考リンクです。

●補助線領域の解放 | 株式会社MSP
https://www.msp-co-ltd.jp/2018/10/02/%E8%A3%9C%E5%8A%A9%E7%B7%9A%E4%BD%9C%E5%9B%B3%E7%AF%84%E5%9B%B2%E3%81%AE%E8%A7%A3%E6%94%BE/

●補助線領域の簡単な広げ方 CADWe’ll Tfasの部屋 – YouTube
https://www.youtube.com/watch?v=kH9ep7es_Bg

●ARCDRAWサポート:ダイテック
https://www.daitec.jp/support/draw_faq.html

●ダイテックHP_基本コース.pdf
https://www.daitec.jp/support/%E3%83%80%E3%82%A4%E3%83%86%E3%83%83%E3%82%AFHP_%E5%9F%BA%E6%9C%AC%E3%82%B3%E3%83%BC%E3%82%B9.pdf

●寸法線の「補助線のはみ出し長さ」を変えたい。
https://www.daitec.jp/fuso/OnlineHelp/Document/ukit/UK0297.htm

●CADWe’ll Tfas(Tf@S) の情報・FAQ: 補助線の表示色は常に一定にしたい
http://cadwell-tfas.blogspot.com/2013/11/blog-post.html

●【便利機能】Tfasの直接距離入力について ? CADWe’llTfasマニュアル
http://tfas-a-z.com/direct-distance-input

●[CADWe’ll CAPE]補助線に頼らない作業をしたい -CADWe’ll CAPEの使い方・小技集
http://www.g-hokuto.jp/cadwellcape/cape003002.html

Tfasにも独特の世界が広がっているのでしょう。

取引先と同じCADソフトを導入

DXFやDWG形式のように使っているソフトが明らかな場合、AutoCAD等本来編集に使うソフトで開いて編集保存を行えば、文字化けする事はほとんど無いでしょう。

無理してデータの形式の違うCADソフトを使って編集しようとするので、文字化けが起こります。

おそらくJw_cadで編集してDXF形式で保存し、取引先へ送っても何らかの不具合が発生していて、ただ言わないだけという状態になっている可能性が大ありです。

AutoCAD等CADソフトは高い場合が多いです。

ソフトの価格以上に取引先に迷惑をかける事が有るかもしれません。

無理に互換性の少ないソフトで手間暇をお互いかけていると。

変換ソフト、変換方法をすべて試す

どうしてもソフトを導入できない場合もあるかもしれません。

その時は変換ソフトや変換方法をあらゆるキーワードで検索してリストアップし、すべて試し、最も良い方法を探りましょう。

完璧な方法は無くても、マシな方法が見つかると思います。

変換ソフトやCADソフトを使って一番良い方法を探るしか

ファイル変換は理論も大事ですが、実際に試して上手くいく方法を見つけるのが一番です。

シェアウェアや有料のソフトでも試用ができる製品はあるので、試してみて上手くいったら購入するという手もあります。

お金がかかっても信用を失わない方がいいのでは

結局の所、データ変換は人件費が無駄にかかってしまいます。

おそらく取引先にも負担をかけてしまう事でしょう。

もし2社のどちらかに仕事を出そうとしている時、文字化けするデータを送ってくる会社と、すぐに使えるデータを送ってくれる会社だった時、仕事をしやすい方を選ぶのではないでしょうか。

AutoCADの場合、互換CADソフトもあると思います。

それなら安く導入できるかもしれません。

本当は、高くてもAutoCADを導入した方がいいような気がします。

広告