NX CADの使い方をお探しですね。

広告

NX CADとは

↓参考リンクです。

●NX操作方法 
https://ameblo.jp/nx755/

●3DCADの種類
https://d-engineer.com/3dcad/cadsyurui.html

●CADのNX | CAD.info|CADの知識やトレースのコツなどのCAD資格情報サイト
https://www.cadcad.info/ninki/post-2880/

●UGS NX – Wikipedia
https://ja.wikipedia.org/wiki/UGS_NX

3DCADを含むシステムのようです。

いろいろな用語の意味を調べたい時は、検索キーワードに”とは”を付けて検索するのはよくある汎用的に使えるテクニックなので活用しましょう。

ただ、実物を見たり使ってみた時に得られる情報にかなわない事は仕方がありませんが。

3DCADの比較サイト

↓参考リンクです。

●CAD徹底比較!業務利用におすすめな3DCADと価格帯別3DCADの比較【2021年度版】 | キャド研
https://cad-kenkyujo.com/cad-hikaku/

●CADソフト全22種類!特徴と機能・2Dと3Dの比較や選び方も解説 | CAD・製図の無料就職支援講座 「lulucad(ルルキャド)カレッジ」
https://www.lulucad.jp/2017/11/29/cadsoft/

●どれを使ったらいいの!?5種類の3D CAD比較 | RAKUDOブログ
https://www.rakudo.io/blog/index.php/2018/05/29/post-844/

●CAD Japan.com / CAD、CAM、CAE導入のためのヒントが満載!
https://www.cadjapan.com/

●3DCADの比較 | セイゾウネット(SEIZONET – 製造ネット)
https://seizo-net.com/3dcad/comparison/

●【21年最新】3DCADのおすすめ製品を比較|無料、有料の人気ツールランキング
https://www.itreview.jp/categories/3d-cad#tutorial

●【比較】無料で使える3D CADフリーソフト4選|機能や特徴まとめ | ITreviewブログ
https://www.itreview.jp/blog/archives/2252

●3次元CAD 製品ランキング 1~93位 | ランキング | イプロスものづくり
https://www.ipros.jp/ranking/product/category/3/1104/

●Fusion360が、世界で最も使われてる3DCAD・2018に選出! | デジタルものづくりの情報サイト「メイカーズラブ」
https://makerslove.com/23312.html

NX CADの講習

結局NX CADの参考書はAmazonでも、英語のペーパーバックか中国語の本しか見つける事ができませんでした。

レビューを見ていると、英語のペーパーバックを読んだ日本人と思われる書き込みもありました。

今の人は普通にペーパーバックも読める時代なのでしょうか。

NX CADのレベルになってくるとそうなのかもしれません。

未だに大半の人が英会話の教材をどうしようかという時代なのに。

遠い時代にはいろいろな言葉が英語化するのかもしれません。

大学入試の英語も読む、書く、聞く、話すを点数化しようとしているみたいですし。

歳を取ってくると英語の勉強しすぎで日本語を忘れていったり、若い時と同じ事なんてできなくなってきます。

若い時は勉強にしてもその他の事にしても、無駄と思われるぐらい高めないと後で役立てる事はできないのかもしれません。

NX CADを勉強するとしたら研修か講習となるかもしれません。

↓参考リンクです。

●NX 初級・実践単科講座一覧|資格・就職・転職に強い【KENスクール】
https://www.kenschool.jp/cad/single/NX/

●マニュアル価格 | デジタルプロセス株式会社
https://www5.dipro.co.jp/edu/manual

仕事で覚える

一般的にCADは仕事で数ヶ月単位の時間をかけて使い込んでいかないと、なかなか覚えられないものです。

会社に導入されているCADは職場の先輩がよく使い方を知っているので、教えてもらいましょう。

Jw_cadやAutoCADのようなメジャーな汎用CADの場合は、大きな書店に行くと書籍が並んでいますが、NXはAmazonで探しても、やっと見つかるかどうかぐらいなので、日本語の書籍を探すのは難しそうです。

繰り返しになりますが、会社の人から教わりましょう。

3DCADは高価な製品が多い

3DCADは何十万円以上する製品が多いです。

なかなか個人のお小遣いで用意するのは困難でしょう。

大企業じゃないと導入できないかも

名だたる大企業が使っているようなので、非常に値段が高いのかもしれません。

学校や通信講座で覚える方法も

“nx cad 講習”のようなキーワードで検索すると、いくつか学校や通信講座が見つかると思います。

時間とお金があればこれで学習するのも良いと思います。

いくつも受講しても消化はできないと思うので、様々なキーワードで検索して、すべての講座を網羅したリストを作り、比較検討の上、一つだけ受講すると良いと思います。

期間や内容、料金等は誰もが気になる事でしょう。

会社の人と相談して決めていきましょう。

会社で使わせてもらおう

やはり仕事で役立つ3DCADは会社に買ってもらって、会社で使わせてもらいましょう。

優秀な人が使うのだろう

従来の汎用CADより、もの作りにおいて有用な機能が実装されているようなので、かなり熟練した開発者に使われるのかもしれません。

レベルの高い大学を卒業し、新卒で大企業に入りその枠で生き残った人だけが使えるチャンスのあるCADなのかもしれません。

専門が違うとあまり耳にしないCADソフトではあるが

NXと聞いて私はNECのPC98-NXというパソコンを思い出してしまいます。

未知なる新しさを感じてしまうイメージを私は思い浮かべます。

CADにもNXってあるのですね。

会社に導入してあるという事はそれなりに良さがあるのでしょう。

どこの会社にも個人で買えないような高価なCADソフトがあるものです。

使い方の書いてある書籍を本屋さんで探しても見つからず、新参者にはハードルが高いように見えてしまいます。

なかなか自宅でCADを独学で覚えるというのは大変です。

Jw_cadやAutoCADなら書籍を片手に覚える事もできますが、使っていない会社も多いです。

最も自分の専門と重なっていない事が大きな原因ではありますが。

なかなか失業して時間が有り余っていて、汎用CADの操作を覚えても、会社に入ると、そのCADをあまり使っていないため無駄になってしまうというのはよくある事です。

CADによって操作方法が違うというのも本当によくある事です。

会社に入ってまた1年生となります。

仕事は長く続ける

仕事を転々としているとどこまで行っても、CADの知識は中途半端で終わってしまいます。

終身雇用も過去のものとなってきていますが、できるだけ長く1つの会社に留まる努力は長い人生では必要でしょう。

広告