Lanの配線図の書き方をお探しですね。

広告

LANの配線図関連のデータがダウンロードできるサイト

↓参考リンクです。

●図面の記号を解読してみました。というか聞きました。| 一条工務店 i-smartでお家建てるさけぇ~!! (=ロ=)
https://ameblo.jp/i-smart-smart-smart/entry-11509288616.html

●情報コンセントを付けてみる!? | 一条工務店 i-smartでお家建てるさけぇ~!! (=ロ=)
https://ameblo.jp/i-smart-smart-smart/entry-11477050675.html

●denzuq_for_jwwの詳細情報 : Vector ソフトを探す!
http://www.vector.co.jp/soft/win95/business/se345542.html?y

●情報交換室
http://www.jwcad.net/bbs.htm

●電気設備配線図用のシンボル集、電気設備記号 / CAD フリーソフト
http://demo.server-queen.jp/osusume/cad/senmon/42densetu.htm

これから観測?

これから観測を行うのでしょうか。

業務に支障の出ないよう夜間に行うのかもしれませんね。

LANケーブルの色を確認したり、どこまでつながっているかある程度予想して効率的に行いたいですね。

何も考えずに行うと、いつまで経っても終わらないでしょう。

LANのケーブルに名前を命名し、ラベルをつけると少しは早く作業が進むかもしれません。

トランシーバーで○○をつなげて等指示ができますし。

一人では作業を行わない

夜間作業は絶対に一人で行ってはなりません。

何かが起きた時、有らぬ疑いをかけられかねないので。

前例の図面をまずは参照

まずは会社で過去の同じような事例での図面を見せてもらって、凡例だけでもコピーして紙に焼いて手元に置いておきましょう。

図面をよく観察して自分で書けるぐらいにしましょう。

大変ですがいつかはやらないと

LANの配線図は、組織の小規模なうちは無くてもなんとかなるものです。

ただしLANは時間とともに大規模化複雑化していきます。

もしLANケーブルが1本断線した時、どの線が原因か配線図を作っておくとわかる可能性があります。

その時には電機屋さんに行ってケーブルを買ってきて取り替えるだけで復旧する事でしょう。

配線図が無いと途方も無い時間がかかり、損害が増大するかもしれません。

広告