Jw_cadで地図のトレースを行いたいのですね。

広告

トレースの参考になるサイト

↓参考リンクです。

●jwcadでスキャンした図面を綺麗に取り込む方法 – ヤイクス不動産 中津市の賃貸アパート・土地・中古住宅
https://yikes.co.jp/archives/2427

●Jw cadで画像のトレース – YouTube
https://www.youtube.com/watch?v=CpPUFmEgzIY

●Jw_cad 使い方(敷地作成の手順)
https://mam-mam.net/jw_cad/reverse/5.html

●無題ドキュメント
http://www.kuma-cho.com/oyakudati/4hosei/4hosei1.htm

●jwCADで敷地の地図をトレースしたいのですが、jwでpdfは開けないし、なに… – Yahoo!知恵袋
https://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1495667119

●図面のトレース – jw_cad SketchUp InkScape Gimpの講習 横浜CAD設計です オンラインレッスン、フリーソフトでコスト削減業務を提案します
https://www.yokohama-cad.co.jp/index.php?%E5%9B%B3%E9%9D%A2%E3%81%AE%E3%83%88%E3%83%AC%E3%83%BC%E3%82%B9

●PDFの貼り付け
http://jwcad-tsukaikata.com/category24/category11/entry10.html

地図を取り込む方法

どちらも縮尺を設定するのが一手間かもしれません。

できれば印刷して、スケールを当ててチェックするとよいでしょう。

ラスタベクタ変換

ラスタベクタ変換ソフトで完結しない所が残念な所です。

今後AIが進化してラスタベクタ変換を完璧に行ってくれるソフトが出てくるとは思えないので、まだまだ人間の仕事は残りそうです。

ただ残っても人の仕事は減っていくかもしれません。

ハードコピー

↓少し古いですがハードコピーの方法です。

●JWWへのビットマップ画像の貼り付け方 | Blog
https://2uda.wordpress.com/2009/08/09/jww_pdf/

最近のJw_cadでは画像をファイルの中に埋め込む事もできるとの事です。

ビットマップを貼り付ける機能の場所も変わってきているようなので、もしわからない時は次のサイトが参考になります。

●JWWの使い方-画像貼り付け「画像挿入」で、画像を図面に貼り付けできます
https://dore.syoutikubai.com/gazou.html

元図の利用規約をチェック

Googleマップの場合、利用規約が書いてあるので良く読んで、許可を取るようにしましょう。

個人的な利用でも、商用利用でも、許可が必要な可能性があります。

一言言うだけで結果ががらりと変わるのかも知れません。

言うのは少し面倒な事ではあるのですが。

利用規約に気をつけて

大手地図サイトには利用規約が書いてあると思います。

どこまでが利用を許諾できるか等書いてあると思うので読みましょう。

特に気になるのは、商用利用はできるのかでしょう。

ラスタベクタ変換ソフトは過度の期待が禁物

ラスタベクタ変換のソフトも世の中には有ります。

フリーソフトでダウンロードできるものも有ります。

ただ、文字を線の集まりとして認識したり、ノイズを忠実に取り込んだり、人と同じ事をしてくれない場合もあるでしょう。

試しに使ってみるのもいいですが、あまり深入りしない方がいいかもしれません。

ラスタベクタ変換はあまり期待できない

地図をビットマップ形式に変換すると、フリーソフトのラスタベクタ変換のソフトを通せるようになります。

文字を線の集まりとしてとらえたり、ノイズを拾ったり、人と同等の事は期待できません。

作った人も無理を承知で作ったとは思うのですが、無料で最先端を試せるという事でどんな結果であれ、感謝しなければなりません。

大概の人はプログラミングの技術があっても無理だと思って作ろうとは思いませんし。

ホームページ用ならオリジナルな地図を用意するか手続きを経て使用する

ホームページに地図を載せる時は、オリジナルな地図を用意できると一番良いでしょう。

Googleマップ等を利用している会社もありますが、利用規約を読んだり、どうしたら利用できるかよく調べた上で公開しているのだと思います。

大手企業が何も考えずに地図をコピペすると大きな問題としてとらえられかねないので気をつけましょう。

それにしても地図がネットで無料で見られる時代に突入したのですね。

ただ紙の地図もそれなりに存在価値はあります。

私も自宅には住宅地図と道路地図は常備しています。

パソコンをつけずにどこでも見れる事や思ったように視線も動かせますし、画面ではできない事はあるものです。

現代人はスマホやタブレットを見ながら運転できるのかもしれませんが、私はまだ道路地図の方が運転しやすいと思います。

人がトレースしたものにかなうものは無い

やはり、AIの能力が全体的に人の能力を超えていない現在では、図面のトレースは人が行った方が、情報の取捨選択をしてくれる事を考えても良いと思います。

大量の図面をトレースしなければならなくなった時は、機械化も考えた方がいいかもしれませんが、配布元からCADデータをもらってくる事も検討した方が安上がりかもしれません。

人が見て手でトレースするのが最高

人がよく見て判断して引いた線にかなう物はありません。

AIでトレースを自動化しても人がチェックする仕事は残るでしょう。

チェックして直しが発生した時、微調整に時間がかかり、却って人が最初からトレースした方が速いという事例も出てくるかもしれません。

AIは機械学習をさせて、機能を実装していくようですが、無限にデータのある現実を網羅したAIサービスができても、年月を経て信用ができるまで、時間がかかる製品もあるのでしょうね。

繰り返すと気がつく事が有って上達する

トレースも回数を踏んでいくと、上手い感じに直線の連続で引けたり、美しいトレースができるようになっていきます。

広告