CADのトレースの練習法をお探しですね。

広告

CADのトレースの練習の参考に

↓参考リンクです。

●web2CAD 機械部品 2D/3D CADデータの無料ダウンロード | キャデナス・ウェブ・ツー・キャド株式会社
http://www.web2cad.co.jp/

●試験の概要 : 中央職業能力開発協会(JAVADA)
https://www.javada.or.jp/jigyou/gino/sinsa_cad/cad-gaiyo.html

●CADトレース技能審査実技試験課題(公開) : 中央職業能力開発協会(JAVADA)
https://www.javada.or.jp/ex/jigyou/gino/sinsa_cad/kadai.html

●DraftSightの設定
https://cad.vdlz.xyz/2dCad/AutocadAndAnothers/draftsight/setting/setting.html

●DraftSightの初期設定
https://cad.vdlz.xyz/2dCad/AutocadAndAnothers/draftsight/setting/setting_01.html

●不足する投影図から形状を創造する【世界で戦えるGLOBALエンジニアになるための製図技術0(ゼロ)STEP/第3回】|大塚商会
https://mypage.otsuka-shokai.co.jp/contents/business-oyakudachi/cad-lecture/2013/201305.html

●初心者向け トレースが早くなるコツ 3選 | CAD.info|CADの知識やトレースのコツなどのCAD資格情報サイト
https://www.cadcad.info/ninki/post-3355/

●AutoCADの練習・上達方法 – ゼロから始めるAutoCAD
https://autocadtrainingsite.wordpress.com/2019/03/20/autocad%E3%81%AE%E7%B7%B4%E7%BF%92%E3%83%BB%E4%B8%8A%E9%81%94%E6%96%B9%E6%B3%95/

●実戦!CADトレース技能審査 H23B その1 AutoCAD 2015 – YouTube
https://www.youtube.com/watch?v=-IXPrMY6xD8

●新しいCADを使う時の練習用図面。単純だけどストレスが減ったよ | のぼゆエンジニアリング
https://www.noboyu.com/2016-05-24-180739/

●常識は人によって違う | オートキャド(AutoCAD)を初心者から学習
https://acad.cadset.biz/110/6035/

●CAD初心者必読!目指せる仕事や資格は?無償CADや学び方など | CAD・製図の無料就職支援講座 「lulucad(ルルキャド)カレッジ」
https://www.lulucad.jp/2018/07/17/cad-beginner/

CADトレースの仕事は広く探すとあるが

検索するといくつかは見つかります。

ただ職場が都会地だったり、地方に住んでいて近所がいいとなると厳しいかもしれません。

アルバイトのために都会に出ても合わないような気もしますし。

経験が必要な場合も多いとは思いますが。

少しやっておくと全然違うかもしれない

少しやっておくだけで、直線の引き方、円の描き方、レイヤーや線種の変更方法、文字の置き方等最低限の操作方法を覚えられるので習得が早まるかもしれません。

ネットの情報がいい人と書籍が良いという人と

ネットの情報なら無料ですし、すぐに開けるので速く結果を求める人には良いかもしれません。

ただある程度の基礎知識は必要でしょう。

書籍は手取り足取り詳しく易しく書いてある場合が多いです。

初めてAutoCADに触れる人は書籍から始めた方がいいかもしれません。

今後は減っていくのでは

設計者も普通にCADソフトを使う人が増えてきていますし、派遣の仕事で鍛えたCADオペレーターも仕事を奪い合う状況かもしれません。

なかなか新参者が参入するのは段々厳しくなると思われます。

いろいろなCADで少し練習するといいかも

Jw_cadはフリーソフトなので簡単に用意できますが、AutoCADも体験版を有効に利用すれば練習ができます。

同じ事をする操作をいろいろ知っている事で、使った事の無いCADの対応能力が伸びると思います。

AutoCADも仕事で使わないと身につかない

AutoCADも自宅での独習では、いくら頑張ってもある程度の所で頭うちしてしまいます。

仕事ではどんどん難しい事も要求されるかもしれません。

その度にスキルアップにつながっていきます。

目を悪くしないように

CADオペレータは一日パソコンに向かう仕事ですが、眼をやられないように気をつけましょう。

お金が許せば、ブルーライトカットフィルターを画面に貼り付けると眼への負担が減ります。

ブルーライトのカット率が高く、画面サイズと同じ大きさの製品を選ぶと良いと思います。

貼り付ける時にはゴミや気泡が入らないよう、画面をクリーニングした後に慎重に貼り付けましょう。

気泡は時間と共に目立たなくなっていきますが、ゴミはどうにもならないです。

できるだけ貼り付ける前に除去しましょう。

大きいディスプレイでは防止しきれない場合もありますが。

それでもぎらつきがどうにもならないディスプレイは存在します。

そんな時は違うディスプレイに換えましょう。

買う時に実機の画面を見て判断するのも一つの方法です。

また、会社に置いてあるディスプレイを観察して、良いと思った製品と同じものを買うのもいいでしょう。

後は仕事で覚える

CADは奥の深いソフトですが、家でいくら勉強していてもどこかで限界が訪れます。

ある程度勉強したら、仕事の準備をしましょう。

家での練習用には体験版を有効に使おう

AutoCADの体験版は、機能制限も無く30日間試用する事ができます。

基本的な操作を覚えるのには、充分な時間ではないでしょうか。

年齢と共に淘汰される

プログラマもそうなのですが、CADオペレータもCADが使えるだけの人は年齢がある程度になってくると、転職等で仕事に就きにくくなっていきます。

違う業界に進出するしかない場合もあるかもしれません。

それもあまりにもいろいろな仕事の経歴を作っていくと、あなたは何がしたいのとなっていきます。

自営業ができればいいのでしょうけど、みんなが社長になれるかと言えば難しい場合も多いでしょう。

いろいろな人のグループに入っていて情報の入ってくる人は、対処法もわかるのかもしれませんが、孤独な人だと自力で手に入る情報だけで考えなければならなくなってきます。

ハローワークへ行ってなんとかなりそうな見込みがあれば、今すぐ行った方がいいでしょう。

それができない人も自分なりに答えを出していく事になります。

最後は当人の自己責任になります。

なんとかなると思えばなんとかなりますが、なんとかならないと思うとなんともならないかもしれませんが。

気楽に取り組みましょう。

広告