AutoCADの土木の練習問題をお探しですね。

広告

CADの練習法の例

↓参考リンクです。

●土木業界で使われるCADとは? ソフトや勉強・練習方法も|CADの求人・派遣・転職情報ならCAD JOB
https://cadjob.co.jp/cad_course/know-how/p1343/

●土木系AutoCAD(オートキャド)使い方サポート-土木系の学習方法
http://www.ez-design.info/content/etc_2/gakushu.html

●AutoCAD 2015 練習用 ①初期設定 – YouTube
https://www.youtube.com/watch?v=N30rONSecls

●土木CAD製図基準(案)サンプル図面 | 土木学会 土木情報学委員会 電子化基準策定小委員会
https://committees.jsce.or.jp/cceips03/referencedata

●これからCADを始めるあなたへおすすめの練習方法 | CAD.info|CADの知識やトレースのコツなどのCAD資格情報サイト
https://www.cadcad.info/cad%E8%B3%87%E6%A0%BC/post-3786/

基本書を仕入れる

基本書を仕入れてわかる範囲で知識をストックしましょう。

基本書を買う時は街の大きな本屋さんがおすすめです。

大きな本屋さんに行くとCADの本は山ほど置いてあります。

ただし特殊なCADの場合には本が一冊もないというケースもあります。

そういう時はAmazonに1冊でもないか探しましょう。

おそらく先輩に一つずつ教わる事になると思います。

Jw_cadやAutoCAD辺りはたくさん有るのですが、それ以外となるとだんだん少なくなっていきます。

自分で少し読んでみて、得るものがある本を選びましょう。

難しすぎる本はやめておきましょう。

すぐに読めそうな本がいいです。

初心者は簡単な書籍から

まだCADを触った事の無い人は、まずは覚えたいCADの入門者向け書籍を購入しましょう。

AutoCADやJw_cadなら、街の大きな本屋さんでCADコーナーがあるので、その中から良さそうな本が選べます。

まずは簡単すぎる本の方が良いでしょう。

実際にCADソフトをインストールして動かしてみる事です。

Jw_cadなら無料で入手できますし、AutoCADも体験版を見つけられれば操作練習ぐらいはできるでしょう。

基本がわかったら仕事で鍛える

いつまでも基本書とにらめっこばかりしていても、いずれ伸びが止まる日が来ます。

仕事を着実に間違いの無いように行っていきましょう。

仕事では難しい条件の図面作成をする事も出てくるかもしれません。

ただそれがスキルアップにつながっていきます。

それは家での座学では体験できない経験となるでしょう。

CADは仕事で使って上達

CADはいろいろあります。

結局は職場に備え付けのCADソフトを使う事になります。

会社のCADがJw_cadやAutoCADでない時は、なかなか参考書を見つけるのが難しいと思います。

会社でCADの使い方をよくわかっている人に、一つ一つ聞いて覚えていく事になると思います。

教えてもらった事はマニュアル化して、二度と聞かなくても大丈夫なようにしておきましょう。

教えてくれる人も暇では無いでしょうし。

二度教えてもらえるかもわかりません。

人に聞く事をためらわずに済むようにする

仕事ではどうしてもわからない事が出てきます。

上司や先輩に聞かなければならない事も出てきます。

最後はCADの知識量より、人間関係を円滑に保つ力の方が重要だと思う瞬間もあるかもしれません。

おそらく家庭でCADはあまり使わないのでは

おそらく家のパソコンにCADソフトを入れていても使わない事にある日、気がつくかもしれません。

私もJw_cadを入れていますが、家では勉強にしか使いません。

CADソフトは一般に値段が高いので、会社で使って覚えるようにしましょう。

無理して家でも勉強するからと思って買っても、操作の勉強に使うデータが無いため、使いようが無いでしょう。

勝手に会社のデータを持ち帰るわけにもいきませんし。

若いうちは本気になって買おうと思いがちですが、ある程度の歳になると気がつく人もいるでしょう。

なかなか独学で上級者になるのは難しい

CADは家で参考書片手に勉強していても、いずれ伸び止まる時期が訪れます。

上級者になるまでには、会社で年月をかけて覚える事になると思います。

広告