ARES CADの使い方をお探しですね。

広告

ARES CADに関する情報

↓参考リンクです。

●ARESの使い方(入門者~上級者)
https://piponishiki-ar.hatenablog.com/

●ダウンロード – ARES JP
https://www.graebert.jp/trial_dn

●ARES(アレス)のご紹介
http://www.isem.co.jp/NFken/external_documents/ARESintroduction.pdf#search=’ares+cad+%E3%83%9E%E3%83%8B%E3%83%A5%E3%82%A2%E3%83%AB’

●よくある質問 | ARES(アレス)| 低価格で高機能な互換CAD
https://www.cstnet.co.jp/other/product/ares/faq.html

●ARES(アレス:DWG互換・JWW互換)はCAD専門店で | CAD百貨
https://www.cad100.jp/ares/

●JDrafの後継ソフトとしてARES Standardを提供しています – Graebert
https://www.graebert.com/ja/cad-software/jdraf-replaced-by-ares-standard/?utm_source=jdraf.com&utm_medium=301

●ARES Standard 2022 スタンドアロン版 販売価格 | 専門店CAD百貨
https://www.cad100.jp/goods/syohin_638.php

●「ARES Standard 2017」(旧製品名:JDraf)体験レポート|覚えておきたいAutoCAD / LTテクニック
http://autocad-lt-civil.blogspot.com/2017/08/ares-standard-2017jdraf.html

●Graebert CADソフトウエア – デスクトップ、モバイル、クラウドの最新のDWG編集
https://www.graebert.com/ja/

ARES CADの本

ARES CADの書籍はAmazonでも見つけられませんでした。

代わりにARESの前身のJDrafの書籍を紹介します。

●JDraf オフィシャルガイドブック | 株式会社ジェイドラフ |本 | 通販 | Amazon
https://www.amazon.co.jp/JDraf-%E3%82%AA%E3%83%95%E3%82%A3%E3%82%B7%E3%83%A3%E3%83%AB%E3%82%AC%E3%82%A4%E3%83%89%E3%83%96%E3%83%83%E3%82%AF-%E6%A0%AA%E5%BC%8F%E4%BC%9A%E7%A4%BE%E3%82%B8%E3%82%A7%E3%82%A4%E3%83%89%E3%83%A9%E3%83%95/dp/4767820545

ARESの前身JDrafの本

↓ARESの本が見つからなかったのでJDrafの本を紹介します。

●JDrafオフィシャルガイドブック-建プロショップ
https://kenpro-shop.jp/products/detail.php?product_id=636

AutoCADの互換CAD

ARES CADはAutoCADの互換CADソフトです。

JDrafの後継CADとの事です。

JDrafは大手建設会社が導入をしたという情報も有り、実績も有りそうです。

ARESのサイトを読んでみると、精度の高い互換性を実現させるため一生懸命頑張っているのが伝わってきます。

どうしてもAutoCADを金額的に導入できない会社も検討する価値はあると思います。

体験版と価格もチェックを

ネットで体験版もダウンロードできますし、価格もわかります。

会社ではお手軽に導入できるかもしれません。

格安で導入できる

“ARES CAD 価格”のようなキーワードで検索すると、価格の書いてあるサイトを見つける事ができます。

AutoCADより格安で導入できそうです。

AutoCAD互換CADで格安

上記サイトにも情報があるのですが、ARESは初期コストもランニングコストもAutoCADよりかなり安いようです。

これからは互換CADが増えるのかも

本家のソフトが個人で導入できないぐらい高価なので、互換CADもそれなりの需要がありそうです。

まずは体験版の試用から

“ARES CAD 体験版”のようなキーワードで検索すると、体験版の申し込みサイトにつながります。

30日間体験版を試用できるので、導入前のチェックを行いたい方は申し込む価値があるでしょう。

どれぐらい互換性があるか調査の上導入

AutoCADの互換CADなので、どこまで互換性があるか厳しい調査の上、実用上問題が無い事を確認してから大量導入した方が良いでしょう。

広告