避難安全検証法のフリーソフトをお探しですね。

広告

避難安全検証法対応ソフト

↓参考リンクです。

●避難安全検証法(ルートB1)による性能設計ソフト【避難検証法】製品紹介|株式会社建築ピボット
https://www.pivot.co.jp/product/kensyo/index.html

●建築防災設計への取り組み | 株式会社九門宏至建築事務所
https://www.archkumon.jp/about/

●階避難安全検証「かんたん避難計算」 | 防火設計 : 株式会社 明野設備研究所 – AFRI : Akeno Facility Resilience Inc.
http://www.afri.jp/kantan.htm

●ソフトウェアについて – 階避難安全検証シミュレーション
https://sites.google.com/site/escbldg/home/notes/about

●避難検証法 | 製品情報 | CAD Japan.com
https://www.cadjapan.com/products/items/hinan_kensyo/

まずは書籍購入から

まずは避難安全検証法とはどういうもので、どうやって計算をするか知る必要があります。

Amazonで書籍が見つかります。

●Amazon | 本, ファッション, 家電から食品まで | アマゾン
https://www.amazon.co.jp/

“避難安全検証法”というキーワードで探すといくつか出てきます。

時間があれば大きな本屋さんで、書籍を見て選べるともっと良いでしょう。

書籍を探したりセミナーを探しては

本の方が間違いも少なく、眼も疲れず、まとまっているので大きな本屋さんで立ち読みがてら探されるといいと思います。

ネットでセミナーを探すのも良いでしょう。

ソフトを入手しても妥当な出力かチェックも必要

ソフトで計算しても妥当な出力結果かどうかのチェックは必要です。

そのためにソフト以外の方法で計算する必要があります。

どんぶり勘定でも無いよりはいいでしょう。

安全な家に住みたい

近年、自然災害が増えていますが、安全な家に住みたいというのは誰もが思う事でしょう。

Excelで検算できるぐらいまで理解できないとわかるとは言えない

自力で計算できないと、後々根拠を求められた時、恐ろしい事になるかもしれません。

早く計算式を立てられるようになりましょう。

電卓で計算すると計算過程で入力した数字や式を再度見直す事ができませんし、再計算する時、また最初から打っていかなければなりません。

Excelが便利です。

できれば色々細かい数式等忘れた後でも内容を理解できるようコメントを充実させるのも良いでしょう。

詳しい人から教わる

できれば詳しい人と仲良くなっておくと良いでしょう。

大事な事を教わる事ができるかもしれません。

詳しい人が会社の中にいれば一番いいのですが。

計算にも熟練が必要

計算法を理解した上でソフトを使う事で、検算もでき、大きく誤った計算結果を出す事も無くなるでしょう。

検算を繰り返す事で熟練していくのでしょう。

広告