誘導標識のCADデータをお探しですね。

広告

誘導標識のシンボルのCADデータ

↓参考リンクです。

●通路誘導灯|非常灯 誘導灯|CADで使える建築図面記号|無料ダウンロード
https://www.megasoft.co.jp/3d/drawingsymbols/emergencylight_guidelight/passageguidelight.php

●誘導標識 | CAD-DATA.com
https://www.cad-data.com/cad/HEAVYMAN_24.html

●国土交通省中部地方整備局
https://www.cbr.mlit.go.jp/404notfound.html#search=’%E8%AA%98%E5%B0%8E%E6%A8%99%E8%AD%98+%E3%82%B7%E3%83%B3%E3%83%9C%E3%83%AB+cad’

●CADデータ ダウンロード | 電気・建築設備(ビジネス) | 法人のお客様 | Panasonic
https://www2.panasonic.biz/ls/ai/cad/download/index.jsp?c=detail&b_cd=101&item_cd=FK90010_911

●建築+製図記号・設計記号
http://www.nou-sera.com/siryou/siryouindex.html

●電気設備凡例図面としても利用可能な電気設備記号一覧のダウンロード
https://architerial.jp/denkisetsubikigoudownload/

万が一の時には必要

どんな建物でも火事の発生する可能性は0とは言い切れません。

非常時の通路はわかるように表示しなければなりません。

建築基準法等で規則がありそうですが、私もその道の専門では無いのでちょっとわかりません。

宿に行ったら非常時の通路は要確認

私も確認する時としない時とあるのですが、出張や旅行等で土地勘の無い建物に行く時は時間を見て非常時の通路やトイレの場所は確認した方が良いでしょう。

宿によってはどうも構造がつかみきれない建物もあったりします。

その新鮮な感覚が宿の楽しみの一つではあるのですが。

県外に行くと見た事もないニュースや情報番組が有ったりして、驚きます。

安全確保には必須の標識

この標識のおかげで、どれだけ事故を防止できているか計り知れません。

火事に遭う事は一生に一度有るかどうか

火事に遭う確率は交通事故より低いので一生に一度あるかどうかぐらいですが、遭ってしまうと悲惨です。

広告