砕石のJw_cad図面をお探しですね。

広告

砕石をダウンロードできるサイト

↓参考リンクです。

●■外部変形-図形「ハッチ」発展系 初版: siegel’s BLOG 『精進寺』
http://siegel.cocolog-nifty.com/siegels_blog/2005/03/post.html

●CADツール、CADデータのリンク(土木、建設)
http://www2.odn.ne.jp/fukadasoft/cadLink.html#CAD2

●■外部変形-図形「ハッチ」発展系 04+: siegel’s BLOG 『精進寺』
http://siegel.cocolog-nifty.com/siegels_blog/2007/04/04_7f3b.html

●砕石 | CAD-DATA.com
https://www.cad-data.com/tag/%E7%A0%95%E7%9F%B3.html

●■図形「ハッチ」発展系 用図形: siegel’s BLOG 『精進寺』
http://siegel.cocolog-nifty.com/siegels_blog/2006/09/__d6c9.html

●JW_CAD関連フリーソフト・JWW関連フリーソフトをご紹介【建築資料館】
http://www.ath-j.com/freesoft/zukei_hatch04/

●モルタル張り│砂利敷き│石張り/建築
http://www.kentikulink.net/cadcad/d-14/index02.html

●CadData_01舗装
http://www.aglds.com/html/cad/01_hosou.html

完璧な砕石ではなく、とりあえず砕石に関連したというぐらいです。

なかなかJw_cadで使いやすい砕石は見つからないものです。

AutoCADの砕石の方が使いやすい

昔、AutoCADで砕石を描いた事があったのですが、Jw_cadで書くより楽だった記憶があります。

描いた砕石をJw_cadにDXFで持っていけるといいのですが、ライセンス上いいのか悪いのかわかりません。

AutoCADなら簡単でいろいろ見つかる

AutoCAD LTでL型側溝の断面図の図面を練習で作った事があるのですが、砕石の表示も簡単にできた記憶があります。

ただAutoCADは高いです。

会社で買ってもらう事になるでしょう。

変換ソフトやDXFでJw_cadに渡せるといいのですが。

自作するしかないかも

Jw_cadで飛び抜けて良い砕石を使うには、作るしかないでしょう。

他のCADからDXF形式などで持ってきて、図形として登録する方法もあるでしょう。

ライセンス上どうなのかわかりませんが。

なかなかJw_cadでバランス良く接続する砕石ハッチは難しそうです。

そろそろ業務CADの導入時期か

Jw_cadでいい方法が編み出されるまで、砕石の描画は時間がかかって仕方が無いでしょう。

人件費を時給で長い期間を考えると、高くても業務CADを導入した方が全体的なコストをカットできるかもしれません。

会社の人も楽ができると思いますし。

カタログや体験版を取り寄せて、使いたい機能はあるか、値段に見合ったコストカットの効果は見込めるか等様々な視点から検証し、結論を出したい所です。

Jw_cadは多くを求めず、手書きより楽なら良いのでは

Jw_cadでは上記リンクのサイトが参考になると思いますが、一つ石を作って、美的センスに任せてコピペを繰り返し、余計な部分を消すという方法も有ります。

手書きより手間がかからなければ良しという事になるかもしれません。

そろそろ業務CADの出番かも

例えば舗装関連の図面で砕石等を使用するのだと思いますが、そろそろ業務CADを使った方がいいのではないでしょうか。

一つ一つ石を図面に置いていくのも一つの方法では有りますが、手早い人でないと時間がかかって仕方がないでしょう。

ただ有料CADはいいものになるといきなり高いのですよね。

会社に置く道具とすれば、Jw_cadで砕石を何十回と書いていくと人件費が気になってきて高くてももっと良いCADを使った方がいいんじゃないかとなってきます。

パソコンが職場で実用化してきた2000年代から既に10年以上経ていて、どこの会社でも試行錯誤の結果このソフトを様々な角度から検証して使っていこうという結論が出ているかもしれませんが。

最近のソフトウェアは利用料を月額課金で使用するものが増えてきていますが、永久ライセンスの製品があと何年使えるか冷や冷やものです。

頑張って何とかする方法を編みだそう

お金がかからないのでJw_cadという事なのかもしれませんが、上記の外部変形やハッチ等を利用して何とかならないか頑張ってみて、いい方法を見つけられるとまたそれはそれで一目置かれる存在になれるかもしれません。

頑張りましょう。

砕石の道路は自分の運転では走れない

最近はどこもアスファルト舗装の道路が多いですが、山道では未だに砕石が敷いてある所や土が出ている所もあります。

運転の慣れている人に運転してもらっていましたが、私では厳しいです。

事故が起きなくて良かったです。

広告